You Tubeチャンネル運営してます

自身の制作した楽曲、作例、趣味の動画などを公開しています。

今後の励みになりますので、是非ともチャンネル登録よろしくお願いします。

■サンプル音源、作例などはこちら

■Vlogなどはこちら

 

オーディオストックにて音楽素材を販売中です!!

映像作品、ゲーム、アプリ向けのBGMやボーカル曲素材をオーディオストックにてダウンロード販売中です。

■ご試聴、ご購入はこちらから

ミュージックライフハック

Modern ProducersのCEOが音楽プロデューサーとしての収益を最大化するためのアイデアを4つメールで配信していたので紹介します

私は音楽関連の情報収集のために色々なメーリングリストの購読をしているのですが、最近のメールの中でModern Producersの「音楽プロデューサーとしての収益を最大化するための4つのアイデア」が目に留まったのでシェアさせていただきます。

メール内容を書いたのはCEOであるエイドリアンウッドです。

ここからがメール内容の直訳になります

アイデアNo.1:ライセンス

ヒップホップやR&Bのプロデューサーであれば、非独占的なライセンス、つまり作品の「リース」のアイデアに慣れているでしょう。

今日では、アーティストがプロデューサーから「ビート」を購入するのは、ほとんど標準的な方法です。

作品をアップロードして販売し、アーティストバイヤーの組み込みコミュニティから利益を得ることができるプラットフォームがいくつかあります。

これらの中で最大かつ間違いなく最高のものはBeatStarsです。

彼らは素晴らしいインターフェース、コレクションをアップロードする機能のような多くの追加機能、そしてオンラインのプロデューサーの最大のコミュニティを持っています。

もう1つの優れたオプションはAirbitです。

Airbitは、YouTubeの作品を入力したい場合に特に便利です。

これらはサービスと直接統合されているため、別のユーザーがあなたの音楽をYouTubeにアップロードするたびに支払いを受けることができます(ビデオのバックグラウンドミュージックなど)。

ちなみに、両方のプラットフォームを使用しない理由はありません。

従来のビートストアを使用して作品を販売する代わりに、販売ファネルを使用することもできます。

最近は間違いなく話題のトレンドになっています。この無料トレーニングでこの戦略について詳しく知ることができます。

 

アイデア2:アフィリエイトパートナーシップ

すでにメーリングリストやソーシャルフォローなどを通じてアーティストのネットワークを持っている場合、最も簡単で最も儲かるの1つですそれを活用する方法は、アフィリエイトオファーです。

基本的に、他の人のものを宣伝する。

他の誰かがオファーを作成するためのすべての大変な仕事をします、そしてあなたがしなければならないのはすべての販売の25-50%からどこでも稼ぐためにリンクを共有することです。

大手の音楽会社だけでなく、個々の音楽プロデューサーも常にこのようなオファーを持っています。たとえば、私の制作会社であるAnno DominiNationを例にとってみましょう。

現在、ブラックフライデーの独立したアーティストにビートとメジャーレーベルのアーティスト機能のパッケージを提供しています。

プロデューサーは、Anno Dominiアフィリエイトエリアにアカウントを設定し、アーティストへの独自のアフィリエイトリンクを宣伝するだけで、すべての売上の50%を受け取ります。

同様に、Legion Beatsのパートナーは最近、SnoopContestのアフィリエイトエリアを開設しました。

優勝アーティストがSnoopDoggでフィーチャーを受け取るソングコンテストを宣伝すると、50%を獲得できます。

 

アイデアNo.3:アーティストと同期のプレースメント

主要なアーティスト/レーベルに作品を取り上げてもらう、またはテレビ番組/映画でプレースメントを上陸させるまたは広告キャンペーンは経済的な祝福になる可能性があります。

しかし、あなたが知っていると確信しているように、それらを手に入れるのはかなり難しいです...

まず第一に、あなたはその種の機会にさえアクセスするために適切なネットワークを持っている必要があります。

そして、適切な時点で適切な種類の資料を用意する必要があります。

配置の機会とあなたをつなぐと主張する大きなプラットフォームはたくさんありますが...

あなたのコンテンツを表現し、配置することに積極的に取り組むブティックエージェンシーまたはプロデューサーA&R /マネージャーと一緒にいる方が良いでしょう。

もう1つのオプションは、プラチナサークルプログラムの一部であるプロデューサーが利用できる配置の機会を利用することです。

 

アイデアNo.4:ループとサンプルの販売

ここでは、箱の外で少し考えます。

他の音楽プロデューサー向けのコンテンツを作成することを考えたことがないかもしれませんが、実際には、追加の収益を得るだけでなく、プロデューサーコミュニティに価値を提供するための優れた方法です。

コーディングウィザードである必要はなく、VSTをゼロから作成する必要はありません...

このサウンドデザインコースを受講するなどして、サウンドデザインの方法を知っている場合は、人気のあるVST用の素晴らしいプリセットを作成する方法を学ぶことができます。

または、ループ、ドラム、MIDIアレンジメント、サンプルなどを組み合わせることができ

ます。高品質のコンテンツで本当に粉砕している場合は、いつでも最新のプロデューサーのベンダーに申し込むことができます。

 

終わりに

個人的には特に特別な情報というわけでも無いのですが、No.3以外は個人の力で十分可能なことなので、是非ともこのブログを読んでいただいている皆様にも試してほしいなと思っています。

日本国内にも似たようなサービスはあるので、まずはそこから始めて、徐々にフィールドを広げていけばチャンスが得られるかもしれませんね。

近いうちに私の解釈で似たような内容の記事を作ってみようと考えているので、その際は是非とも見ていただければ幸いです。

 

音楽素材販売サービス「オーディオストック」はDTMerのストックビジネスとしてどうなの?

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

DTMにおいてフリーソフトだけでハイクオリティな音楽は作れるのか

当ブログが無料ソフト情報をメインで扱う理由について

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-ミュージックライフハック
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.