おすすめ記事 DTMソフトウェア

Novationの名作ソフトシンセ「V-Station」を購入しました。

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

先日ソフトシンセ、Novationの「V-Station」を購入しました。

価格はPlugin BoutiqueにてBass Stationとのバンドル版で13,000円ほど

最近はあまり必要以上に音源を買い足さなくなったのですが、V-Stationだけは今後どうしても使い続けていきたいと思ったので。



と言うのも、実は以前から32ビット版のV-Stationは持っていましたし、これまでの様々な楽曲にかなりの頻度で使ってきました。

ですが、64ビットへの制作環境入れ替えの際にパッケージごと紛失してしまったようで、それ以降は他のシンセで代用してきました。

買い直した理由は、V-Stationのサウンドをかなり気に入っているのはもちろん、長い年月によって価格がかなり下がったのも大きいです。

ジャンルとしてはEDMやトランスなどのダンスミュージックに向いており、今となっては古い音源ですが、個性的な尖った音、そこそこ太い音が出せるので、まだまだ活躍の場はあると思います。

私の場合はポップスやロックをメインに作っているので、ストリングスやブラス、オルガンと言った音色をこれで作っていました。

あと、一番頻度が高かったのはシーケンスサウンドです。透明感のある響きの良いサウンドが魅力的で、とにかくバカの一つ覚えのように使っていました。

 

随分昔の曲ですが、この曲もドラムとボーカル以外はV-Stationで作りました。

せっかく買い直したので、同じような曲をいくつか作ってみようかなと思います。

古いソフトという事はそれだけPCへの負荷も軽いという事なので、もう少し分厚いトラックにしたいですね。

購入は以下のリンク(Plugin Boutique)からどうぞ。

時々セールをしているので、その時を狙って買うのも良いですよ。

■シンセサイザーに関する記事はこちらから

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-おすすめ記事, DTMソフトウェア
-

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.