総合案内

当ブログ「AZU Soundworks」へお越し頂きまして誠にありがとうございます。管理人のAZU(@AZU0000)と申します。

検索から、SNSから、もしくは何処かに貼られたリンクから当ブログへと辿り着き、そして興味を持って頂けたら幸いです。

時間が空いた時や気が向いた時にでも記事を読みに来て頂ければ嬉しいです。

 

「AZU Soundworks」について

「AZU Soundworks」は管理人であり著者であるAZUによるDTMや楽曲制作を中心としたウェブマガジン的なブログメディアです。

自身の楽曲制作、DTMに関する情報、音楽のある生活などを皆様にお届けしています。

AZU Soundworksについて詳しく

AZUについて詳しく

 

よく読まれている記事

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

【ギター】初心者の最初の1本は高いギターを買う方がいい理由をいくつか書いてみる

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 最初の一本…私にとってはもうはるか昔の記憶であると同時にもう二度と味わえない感動でもあります。 誰でもギターを始める時は初心者であり誰かのお下がりを貰うことでもなければ自分自身で「最初の一本」を決めることになります。 ギターと言えばもちろん「楽器」なので基本的には「高価なもの」の部類に入るのですが、世界でも最もポピュラーな楽器であるがゆえにその価格帯も驚くほどに幅が広いものでもあります。 私が知る限りでは新品で一番安いもので、サウンドハウスの自社ブランド ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

左利きの人でもギターだけは右利き用を選んだ方が良いですよと言うお話

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 私は生まれつき左利きで、幼少の頃からお箸を持つのもボールを投げるのも蹴るのも左でした。 ただ、ペンを持つのは誰に言われることも無く、いつの間にか右になっていました。 そして高校生になった頃にエレキギターを手にします。 当然そのギターは右利きです。この世は人口的に右利きの方が圧倒的に多いですから。 どの分野でもそうですが、基本的にさまざまな「モノ」は「右利き用」がメインであり、左利き用のモノは少数が出回っているか、場合によっては受注生産の場合もあります。 ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

【DTM】「パラデータ」って何?

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 パラデータというのは、各楽器やボーカルなどのパートがそれぞれ独立した形のオーディオデータの事を指します。 上の画像だと、色々な色に分かれてバーが伸びてますが、この一つ一つがパラデータです。 そしてこのパラデータをDAWソフトなどで適切にミックス・マスタリングする事により、普段皆さんが聴いている「2ミックス」という形に仕上がります。 と言う事で、今回は音楽制作においてよく使われる「パラデータ」について書かせて頂きます。   1曲に使われるパラデー ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 著作権フリーBGM・効果音音楽素材のダウンロード販売でおなじみのオーディオストックですが、このたび「クリエイター招待制度」を開始しました。 分かりやすく説明すると、ソシャゲと同じような招待コードを入力すれば招待する側、される側に特典がついてくるというものです。 末席ながら私も参加させていただいている立場として、少しでも制度の拡散をさせたいと思います。   特典はどんなの? 招待制度というくらいですからもちろん特典があります。 招待する側のコード ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック ミックス・マスタリング

2020/7/8

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 DTMで曲を作る際にはジャンルによってさまざまな楽器の音を使うことになります。 そして多く音を入れるとそれだけ「トラック数」が増えていくのは当然のことなのですが、よくDTMやレコーディング関連の雑誌などを見るとおびただしい数のトラックが並べられていることがありますよね。30や40なんて割と少ない方で多い場合には100を超えるなんてものも珍しくありません。 そして自分の制作したものを見てみると「俺の曲、全部で10トラックくらいしか使ってないやん…」という人 ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

曲を作る事にモチベーションが上がらない時、アイデアが出ない時の気分転換5つ

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 最近当ブログでの検索ワードに「曲を書くのが楽しくない」とか「曲 作りたくない」などと言ったものを見かけることが多くなりました。 気持ちはわかります。調子がいい時はイントロ、Aメロ、Bメロ、サビとポンポン出てくるものですが、ダメな時は全然出てこないし、出てきたとしても即ボツになってしまいそうなものばかりの時、ありますよね?もちろん私もいっぱいあります。 曲を作る際の立場などもありますので、本当の意味での解決法というのは存在しませんが、依頼を受けて曲を作って ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/6/19

【DTM割れ】「割れモノ」や「クラック」などの違法コピーソフトを使って音楽を作ることについて考えてみた

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 手垢だらけの今更感満載なネタですが、そう言えばこれまで一度も取り上げたことのない「DTMの違法コピーソフト」についてのお話です。 ご存じの方がほとんどだと思いますが、「割れ」とか「クラック」と呼ばれるもので、違法な手段で手に入れて無料で使えてしまうというものです。 まあ、有名所のDAWソフトは最低でも3万円以上しますし、音源やエフェクトなんてハイエンドなものであればウン十万以上のものもあります。 高いですよね。私もそう思います。それでも以前よりはずっとず ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック 作曲

2020/6/19

【作曲】いつまでたっても曲が作れないという人に少しだけアドバイス的なものを

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 シンガーソングライター、バンドマン、DTMerであれば「作曲」はつきものですよね。 音楽理論を勉強してみたけれど、DTMの環境を整えてみたけれど1曲もまともに作れた例がないという方もいるのではないでしょうか。 私は機材を揃えたけど作れなかった側の人でした。PCを立ち上げては音を出すのですが、結局は何も出来ていない…そんな感じです。 今回はそういった皆様に向けて少しでも曲が作れない現状から一歩前に進むためのきっかけになればと思い、私の個人的な考えをもとにち ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック 作詞

2020/6/19

【作詞】「日本語+英語(その他外国語)」の歌詞ってどうなの?

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 今更感のある手垢だらけのネタではありますが、ちょっとネタ不足なので敢えて扱ってみることにします。 日本では珍しくもなんともない歌詞の表現として「日本語+英語」ですが、これを当たり前に受け入れる人もいれば、ダサいのでどちらかに統一すべきという人もいます。 まあ、音楽の趣味嗜好なんて人それぞれなので答えは人の数だけあるという感じですね。 私がこの手の話を初めて聞いたのが、大昔に初めてのアルバイト先の先輩スタッフからでした。 その人は完全なイングヴェイ信者で洋 ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック 作詞

2020/6/19

「作詞」って作曲や編曲と比べると簡単なの?

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 歌モノを作る際に必要な作業は「作詞」、「作曲」、「編曲」があり、当然の話ではあるのですが、歌モノを作るということは、この3つの作業が必須となります。 そしてこの3つの作業は全て一人で行う場合もありますが、商業の世界において大体は分業となっています。 今回はその中の「作詞」について少し書かせて頂きます。 Contents1 作詞って難しいの?2 作詞が難しい理由3 作詞家に必要なツール3.1 紙とペン3.2 PC3.3 辞書、その他資料4 終わりに 作詞っ ...

ReadMore

AZU Soundworksにてよく読まれている人気の記事をご紹介します。

まずはじめにこちらからどうぞ。

 

DTMフリーソフト情報

DTMソフトウェア

2020/8/6

【無料】80年代に玩具メーカーが販売していたドラムマシンのサウンドを再現したビンテージアナログドラム音源「SYNSONICS-V」が無償配布中

  Digital Systemic Emulationsがドラム音源「SYNSONICS-V」をリリースしています。 玩具メーカーのマテルが1981年に発売した「Synsonics」という子供向けのエレクトリックドラムのサウンドをエミュレートしたものです。 ただ、当時の高価過ぎるエレクトリックドラムと違い安価で手に入ったので、子供用に作られた製品でありながらも、本格的な制作に用いられるようになったとの事です。 Windows、Mac対応、VST、AUをサポートしています。 以下はリンク先の直訳 ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/6

【無料】8ビットホームコンピューター「コモドール64」のサウンドを再現したリズムマシン音源「T.Rex 64-Proyecto Return」が無償配布中

Max Projectがリズムマシン音源「T.Rex 64-Proyecto Return」をリリースしています。 以下はリンク先の直訳となります T.Rex 64-Proyecto Returnは、SID 8580サウンドチップを搭載した伝説的なCommodore 64Cのサウンドを搭載したロンプラーです。 これは、フェルナンドラチャリが " Proyecto Return "ラボでヤマハ01Vミキサーを介して、またSPDIFを介して、圧縮や正規化を行わずにエコーミアサウンドインターフェイスにサンプリン ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/8

【無料】無料のKontakt Playerでも使用可能なシネマティックパーカッションKontaktライブラリ「Ferrum – Free Edition」が無償配布中

Keepforestが無料のKontakt Playerでも使用可能なシネマティックパーカッションKontaktライブラリ「Ferrum – Free Edition」をリリースしています。 以下はリンク先の直訳となります 無料版は、  ライブラリーの可能性を紹介する手摘み金属パーカッションサンプルで構成されています。製品に慣れる前に、お気軽に音を試して、感想をお聞かせください。 無料のKontakt PlayerおよびNative Instrumentsハードウェアと互換性があります。 keepfore ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/8

【無料】アナログシンセやリズムマシンから200個のキックサウンドを収録したサンプルパック「BPB Analog Kicks」が無償配布中

Bedroom Producers Blogがサンプルパック「BPB Analog Kicks」をリリースしています。 24ビットのWAVの他にKontakt 5のパッチも収録されているので、自身の環境に応じて使い分けができるようです。   以下はリンク先の直訳となります Bedroom Producers Blogは、6つの異なるアナログ楽器からの200のキックドラムを含む無料のサンプルパックであるBPB Analog Kicksをリリースできることを誇りに思います。 BPB Analog K ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/5

【無料】バスドラムの音作りに特化したサウンドデザインプラグイン「KSHMR Essentials Kick」が無償配布中

Dharma Worldwideが「KSHMR Essentials Kick」をリリースしています。 コンプレッサー、イコライザー、サチュレーションなどを含んだ総合的なプラグインとなっており、バスドラムのサウンドメイクに特化したものとなっています。 Windows、Mac対応、VST、VST3、AU、AAXをサポートしています。 以下はリンク先の直訳となります KSHMR Essentialsのこの無料のライトバージョンは、キックが大きく、パンチが強く、明るく感じられ、ミックスの中でよりよく座るのに役立 ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/8

【無料】ピエール・ボーンに触発されたトラップドラムキットを多数収録したサンプルパック「Pierre Bourne Type Drum Kit」が無償配布中

BVKERがサンプルパック「Pierre Bourne Type Drum Kit」をリリースしています。 New York出身の93年生まれのトラックメーカーであるピエール・ボーンに触発されて制作したドラムキットのサンプルを多数収録しています。   以下はリンク先の直訳となります Playboi Cartiの「Magnolia」、6ix9ineの「Gummo」、Travis Scott、Lil Uzi Vert、Kanye Westの「Watch」など、トラックで聞こえるような大きく歪んだ80 ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/5

【無料】フリーソフトシンセ最強と名高い「Surge」がv1.7.0ににアップデート!!多くの新機能や新しいUIなどが搭載

フリーソフトシンセ「Surge」がSurge Synth Teamにより大規模なアップデートが行われ。引き続き無償配布中となっています。 元々は99€で販売されていたものがフリー化、その後はオープンソース化されて現在に至ります。 今回のアップデートで最新のDAWなどにも対応するべくコードを改善、UIのスキンに「ダークスキン」が加わりました。 見た目が引き締まっただけではなく目にも優しいです。 デフォルトはこれまでのスキンなので、設定で変更する必要があります。 またエフェクト面においてリバーブのモード追加、 ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/5

【無料】Oberheimによるアナログシンセサイザーの名機をエミュレートしたソフト音源「OB-Xd」が無償配布中

discoDSPがソフト音源「OB-Xd」をリリースしています。 Oberheim OB-X、OB-Xa、OB-8をエミュレートした音源ですが、完全な再現というものではなくさまざまな制限の中、改善を加えた形での制作となっているようです。 Windows、Mac、Linux対応、VSTをサポートしています。 以下はリンク先の直訳となります OB-XdはOberheim OB-Xに基づいています。サウンドと動作を再現しようとしますが、オリジナルはいくつかの重要な方法で非常に制限されていたため、オリジナルのデザ ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/6

【無料】ヒップホップ、トラップなどに向けたサンプルパック&MIDI「ORACLE SAMPLE PACK 3種(合計141ドル)」が無償配布中

Cymaticsが3種類のサンプルパック(計141ドル)を無償配布しています。 いつまで無償なのかは分からないので、早めの入手をおすすめします。 Contents1 以下はリンク先の直訳となります1.1 ORACLE SAMPLE PACK1.2 MIDI COLLECTION1.3 808 COLLECTION2 ダウンロード 以下はリンク先の直訳となります ORACLE SAMPLE PACK メロディーは、特にスタジオセッションに関しては、プロデューサーの成功を左右するものになる場合があります。制作 ...

ReadMore

DTMソフトウェア

2020/8/5

【無料】1970年代のキーボード「Jen Pianotone 600」のアナログピアノサウンドをベースにしたピアノ音源「Pianotone 600」が無償配布中

SampleScienceがピアノ音源「Pianotone 600」をリリースしています。 「Jen Pianotone 600」のアナログピアノサウンドをベースに作られた音源は、WAV音源にて実機のサウンドがそのまま搭載されたものとなっています。 音作りの幅は広いので、使い道はかなりあるのではないかと思いますが、リアルなピアノサウンドに関しては期待しないほうが良いです。 また、Windows、Mac対応でVST、VST3、AUをサポートしていますが、この記事を書いている時点ではMaize Sampler ...

ReadMore

当ブログのメインコンテンツの1つとして「無料で手に入るDTM関連のソフトウェア情報」があります。

皆様のDTMライフの一助になれれば幸いです。是非とも当ブログをソフトウェア検索ツールとしてもご利用ください。

検索については、ブログ右カラム上段の「サイト内検索」からどうぞ。「無料」と入れれば、とりあえず無料のソフト情報に辿り着けます。

カテゴリ「DTMソフトウェア」にて情報が入り次第更新していますが、中には期間限定のものや、古い記事などについてはソフトが手に入らなくなっている場合があります。

また、ソフトウェアの導入方法や不具合などについてはソフトを配布している各ディベロッパーへとお問い合わせください。

 

ミュージックライフハック

ミュージックライフハック

2020/7/16

DTMにおいてフリーソフトだけでハイクオリティな音楽は作れるのか

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 お題はタイトル通り「DTMにおいてフリーソフトだけでハイクオリティな音楽は作れるのか」についてです。 当ブログでの「DTMのソフトウェア紹介記事」については期間限定で無料のものも含め、基本的に無料で手に入るものを取り扱っています。 ですが「無料で手に入るものは所詮クオリティもアレなんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかも知れません。 という事で今回はその辺の事についてサクッと短めにまとめられるよう頑張っていきたいと思います。 結論から言えば無料のソフト ...

ReadMore

ミュージックライフハック

2020/7/28

当ブログが無料ソフト情報をメインで扱う理由について

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 当ブログのメインコンテンツの1つに「DTMソフトウェア情報」があるのですが、基本的には「無料で手に入るもの」を取り上げています。 しらみ潰しに探せば1つや2つくらいはそうではないものも出てくると思いますが、それを含めても99%は無償配布しているソフトの内容です。 元々は単なる自身のオフィシャルサイトだった当ブログにてソフトウェア情報などを扱っていくと決めた際に「ソフトウェアのセール情報」はどうするのか少し悩みました。 そして結果として「当ブログでは無料で ...

ReadMore

ミュージックライフハック

2020/7/15

今まで手に入れてから泣く泣く手放したギターたちをまとめてみました

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 私はいい年をした中年DTMerなのですが、長く生きてきた分、これまでに数多くのギターを手に入れてきました。 メインのギターは何があっても手元に置くことを条件に、本当にいろんなギターをサブとして弾いてきました。 もちろんタイトル通り、それらのギターは手放してしまって今は手元にないのですが、高い安い問わずせっかくの出会いをここに思い出という形で残せたらと思い今回記事にしてみました。   Contents1 Fender Japan ST722 BU ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

【ギター】初心者の最初の1本は高いギターを買う方がいい理由をいくつか書いてみる

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 最初の一本…私にとってはもうはるか昔の記憶であると同時にもう二度と味わえない感動でもあります。 誰でもギターを始める時は初心者であり誰かのお下がりを貰うことでもなければ自分自身で「最初の一本」を決めることになります。 ギターと言えばもちろん「楽器」なので基本的には「高価なもの」の部類に入るのですが、世界でも最もポピュラーな楽器であるがゆえにその価格帯も驚くほどに幅が広いものでもあります。 私が知る限りでは新品で一番安いもので、サウンドハウスの自社ブランド ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

左利きの人でもギターだけは右利き用を選んだ方が良いですよと言うお話

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 私は生まれつき左利きで、幼少の頃からお箸を持つのもボールを投げるのも蹴るのも左でした。 ただ、ペンを持つのは誰に言われることも無く、いつの間にか右になっていました。 そして高校生になった頃にエレキギターを手にします。 当然そのギターは右利きです。この世は人口的に右利きの方が圧倒的に多いですから。 どの分野でもそうですが、基本的にさまざまな「モノ」は「右利き用」がメインであり、左利き用のモノは少数が出回っているか、場合によっては受注生産の場合もあります。 ...

ReadMore

ミュージックライフハック

2020/7/7

初心者向けとは言い難い? 「安ギター」についての云々、メリットとデメリットについて簡単に書いてみる

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 趣味として楽器を始める際にまず思い浮かべるのは「ギター」か「ピアノ」というくらいにギターという存在は身近なものとなっています。 本来、楽器というのは高価なものであることがほとんどなのですが、ギターはそのポピュラーな存在から、他のどの楽器よりも価格帯の幅が広く、自分に合ったものを選ぶ選択肢が多い気軽さが「何か楽器を始めたい」と思う人の目に止まりやすい存在となっています。 さて、先ほども言いましたが、本来楽器というものは「高価なもの」です。 ギターなんて平均 ...

ReadMore

ミュージックライフハック ミックス・マスタリング

2020/7/15

【マスタリング】まだマキシマイザー使ってるの?

【この記事は2015年にSymphonical Rainにて掲載していた内容を修正無しで転載したものとなっております】 皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 DTMでミックス、マスタリングをされている方なら「マキシマイザー」は欠かすことのできないプラグインのひとつですよね。代表格で言えばWAVESの「L1」や「L3」などがそれにあたります。 これがあれば曲の音圧、音量をグッと引き上げることができるのでこれまでの音圧戦争においては絶大な戦力として愛用されています。 ですが本当に「マキシマイザー ...

ReadMore

ミュージックライフハック 楽器・機材

2020/7/7

【ギターリペア】Squierのストラトのナットが割れてしまったので、無謀にも自分で交換に挑戦してみました

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 以前、近所のリサイクルショップで購入したSquierのストラトなのですが、先日ひさしぶりに弾いていると、何だか3弦の音が詰まって綺麗に鳴りません。 以前はちゃんと鳴ってたのにどうしたのかと思い、ナットの部分をよく見てみると…   明らかに3弦だけがナット溝に深くはまり込んでいる…と言うか割れてます。 もはやナットの意味を成さないレベルで1フレットに弦が完全に触れている状態です。 これまで自分のメインギターでナットが割れたことなんて一度もないので ...

ReadMore

おすすめ記事 ミュージックライフハック

2020/7/8

【DTM】「パラデータ」って何?

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 パラデータというのは、各楽器やボーカルなどのパートがそれぞれ独立した形のオーディオデータの事を指します。 上の画像だと、色々な色に分かれてバーが伸びてますが、この一つ一つがパラデータです。 そしてこのパラデータをDAWソフトなどで適切にミックス・マスタリングする事により、普段皆さんが聴いている「2ミックス」という形に仕上がります。 と言う事で、今回は音楽制作においてよく使われる「パラデータ」について書かせて頂きます。   1曲に使われるパラデー ...

ReadMore

ミュージックライフハック 楽器・機材

2020/7/9

引っ越ししたのでDTM用のデスクを買い替え&配置を変更しました。シンプルで快適な作業環境が手に入りました

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 実は6月下旬辺りに引っ越しをしまして、新しい環境で生活を始めています。 まだまだ部屋の中はダンボールが置かれているような状況ではあるのですが、PC周りはひとまず作業などが出来るレベルの環境になり、これでブログを書いたり音楽が作れることになりました。 引っ越しの計画自体は5月末から始まっていて、6月半ば辺りからすでにPCやら機材やらは畳み始めていたので、ブログ記事に関しては自動更新で何とかここまでやってきました。 こうしてPC周りだけでも落ち着くと精神的に ...

ReadMore

こちらもメインコンテンツの1つとなっており、「身近に音楽、DTM、楽器のある生活」をテーマとして自身のことも含めて色々と書かせて頂いています。

こちらは単純に読み物として楽しんで頂ければと思います。

カテゴリ「ミュージックライフハック」にて随時更新中です。

 

楽曲制作のご依頼

影が薄くなりつつありますが、本来はこれが当ブログのメイン中のメインコンテンツです。

ゲームやアプリ、映像作品などに向けた楽曲制作全般のご依頼をお受けしております。

また、音楽素材なども制作・販売しているので、なにかお役に立てることがありましたら是非ともお問い合わせください。

楽曲制作のご依頼についてはこちらからどうぞ

 

SNS

SNSについてはいくつかに手を出していますが、基本的にはツイッターをメインとしています。

日常のこともつぶやいたりしますが、当ブログの記事を更新した際にもお知らせさせて頂いているので、是非ともフォローしてください。

フォロワー数が全てではありませんが、情報発信をする際は人が多ければそれだけ情報の拡散量が増え、結果として多くの皆様のお役に立てると思いますのでよろしくお願い致します。

AZUのツイッターアカウント(AZU0000)へはこちらからどうぞ

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.