楽器・機材

【レビュー】今更だけどモバイルDTM環境に最適なKORGの「NANOKEY2」を買ってみたよ

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

まあ本当に今更感満載ではあるのですが、KORGの「NANOKEY2」を購入しました。

理由としては非常に単純で、先日購入したノートPCを持ち出した際のモバイルDTM環境を少しだけ便利にするためです。

あと、ブログでソフトシンセなどを紹介する際に、少し触ってから記事にする場合が多いのですが、やはり鍵盤がある方がやりやすかったりします。

そして3,000円台で購入できてしまう安さも魅力的ですね。

 

小さい、薄い、ベロシティ対応でモバイル、機能面は良好

愛用しているCASIOのミニ鍵盤「GZ-5」とくらべても圧倒的にコンパクトです。

 

厚みも1.5ミリ以下なので、カバンの中にもすっぽり収まります。

鍵盤部分は本体の薄さもあって深さがなく、カチャカチャしたキーボードという触り心地ですが、反応は正確なので特に問題はありません。

オクターブ変更やサステイン、モジュレーションなどの基本的なMIDI鍵盤の機能は備わっているので、使い慣れてくれば十分に役割を果たしてくれるのではないでしょうか。

あと、ベロシティにも対応しているのが地味に便利です。

MIDIインターフェイス不要なUSB接続なので、余計な機材を持ち歩かなくて良いメリットもあります。

 

バンドルソフトが優秀

3,000円台の製品ですが、バンドルされているソフトは驚くほどに豊富で優秀なものばかりです。

DAW:KORG Gadget Le for Mac、Reason Limited

ソフトシンセ:A|A|S Pack、UVI Digital Synsations、M1 Le

アプリ:KORG Gadget Le for iOS、KORG Module Le、Skoove、Melodics

Ableton Live ディスカウントクーポン

個人的にはA|A|S Pack内のアコギ音源「Strum Session」が非常に気に入りました。

正直これのためだけに3,000円を出せてしまうレベルです。

また、Reason LimitedだけでもDTMが楽しめるので、NANOKEY2を買えばとりあえずはDTMが出来てしまいます。

まあ、Reasonは自己完結型のソフトなのでVSTは使えないんですけどね。

 

終わりに

ノートPCとNANOKEY2、そしてイヤホンがあれば場所を選ばずDTMが可能な環境を作ることができます。

もちろんスタバなどのカフェでドヤ顔しながら作曲…あまりオススメはしませんが、そういったことも可能です。

ちなみにイヤホンは以前購入した「KZ ZST」です。興味のある方は下記リンクの記事をご覧ください。

【レビュー】2,500円で手に入るイヤモニ「KZ ZST」は遮音性、サウンドともに大満足だった

モバイル環境に関係なく、MIDI鍵盤による制作スペース圧迫の対策にも有効です。

打ち込みだけならわざわざレギュラーサイズの鍵盤は必要ないわけで。

すでにDAWを持っている人から本当に初めてDTMを始める人まで、本体・バンドルソフト含めてコストパフォーマンスの高いものとなっているので強くオススメできます。

あまり予算をかけずに色々と環境を揃えたい人は是非手にして欲しいですね。

ということで今回もお付き合い頂きましてありがとうございます。

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-楽器・機材
-, , ,

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.