You Tubeチャンネル運営してます

自身の制作した楽曲、作例、趣味の動画などを公開しています。

今後の励みになりますので、是非ともチャンネル登録よろしくお願いします。

■サンプル音源、作例などはこちら

■Vlogなどはこちら

 

オーディオストックにて音楽素材を販売中です!!

映像作品、ゲーム、アプリ向けのBGMやボーカル曲素材をオーディオストックにてダウンロード販売中です。

■ご試聴、ご購入はこちらから

クリエイター、購入者向けのお得な招待制度があります。以下の記事から招待コードを取得してお得に始めましょう。

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 著作権フリーBGM・効果音音楽素材のダウンロード販売でおなじみのオーディオストックですが、このたび「クリエイター招待制度」を開始しました。 分かりや ...

続きを見る

音楽関連情報

無料のオーディオ編集ソフト「Audacity」のプライバシーポリシーが更新、今後は法的執行のための個人情報を収集することに。

古くから世界中の人に広くに利用されてきた無料のオーディオ編集ソフト「Audacity」ですが、2021年7月2日にプライバシーポリシーを更新、今後は「法執行、訴訟、当局の要求に必要なデータ」についての個人情報を収集することとなったようです。

デスクトップのプライバシーに関するお知らせ(audacityteam.org)

収集する個人データに関しては以下の通りとなっています。

  • OSバージョン
  • IPアドレスに基づくユーザーの国
  • OS名とバージョン
  • CPU
  • 致命的でないエラーコードとメッセージ
  • BreakpadMiniDump形式のクラッシュレポート
  • 法執行、訴訟、当局の要求に必要なデータ

こうして見ると、そこまで大騒ぎすることでもないような気がしますが、最後の「法執行、訴訟、当局の要求に必要なデータ」に関しては詳細が記されていない事から、あらゆる種類のデータを収集する可能性があるのではないかと指摘されています。

ちなみに、「Audacity」は2ヶ月ほど前にMuse Groupという会社に買収されたのですが、親会社がロシアを拠点としており、ロシアの法律によって今回のプライバシーポリシー更新となったようです。

データ保管に関しては米国、ロシア、および欧州経済領域のサーバーに蓄積され、IPアドレスは1日だけ間識別可能な方法で保存、その他の情報は1年間の保存となり、政府のデータ要求によってユーザーを識別出来るようにする、との事です。

また、新たな項目として、「13歳未満のユーザーにおいてはAudacityの使用を禁止する」という驚きの内容があり、これはAudacityが使用するGPLライセンス違反の指摘があります。

開発者は今回のプライバシーポリシーについて「新しいプライバシーポリシーは完全に受け入れられません!」と声明を出しています。

New privacy policy is completely unacceptable! #1213

新しい動きとして、GitHubやRedditで有志が集まって、このようなデータ収集を行わない別の独立したソフトウェアを開発するプロジェクトが始まっています。

今回の騒動で、「Audacityがスパイウェアになってしまった」と嘆く人も多いですが、気味が悪いと思った人は一度アンインストールして、今後リリースされるであろう派生型のAudacityが手に入るまでは他のオーディオエディターを使うのが良さそうですね。

情報元:https://www.macrumors.com/2021/07/05/audacity-spyware-claims-privacy-policy/

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめ作曲ソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 今回はPCを用いて音楽を作る「DTM」のソフトを全部「タダ」で用意してしまおうという記事です。 手垢だらけの内容ではあるのですが、最近は特に様々な方 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-音楽関連情報
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.