You Tubeチャンネル運営してます

自身の制作した楽曲、作例、趣味の動画などを公開しています。

今後の励みになりますので、是非ともチャンネル登録よろしくお願いします。

■You Tubeチャンネル・登録はこちらから!!

 

オーディオストックにて音楽素材を販売中です!!

映像作品、ゲーム、アプリ向けのBGMやボーカル曲素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。

ボーカル曲・BGM・ループなど、幅広く取り扱っています。

■ご試聴、ご購入はこちらから

 

ガジェット・オーディオ製品レビュー記事

製品を提供いただくことで、当ブログ内にてレビュー記事を作成させていただいております。

詳細は以下のリンクからご確認ください。

■当ブログ内においてのガジェット・オーディオ製品レビュー記事執筆依頼について

 

ご支援について

アマゾンのウイッシュリストを中心に広くご支援を募っております。

ご無理のない範囲でよろしくお願い致します。

■ご支援についての詳細はこちらからどうぞ

DTMソフトウェア

【無料】老舗オーディオレコーダー&エディター「Audacity」が大規模なアップデート!!「Audacity 3.0.0」へと進化して引き続き無償配布中




「Audacity」が久々のアップデートを施され「Audacity 3.0.0」へとバージョンアップ、引き続き無償配布中となっています。

さまざまなバグや機能面、持ち味であるノイズゲート機能が大幅に改善されたようです。

以下はリンク先の直訳となります

Audacity 3.0.0は、以前のAudacity2.4.2のメジャーアップデートです。Audacityプロジェクトを保存する形式を変更しました!以前は、プロジェクトを多数の小さなファイルとして保存し、ロットを調整するために「.aup」ファイルを使用していました。この方法は、「ファイルの山」ストレージと呼ばれることもあります。

非常に頻繁に発生した問題は、データファイルと.aupファイルが別れることでした。ユーザーは、.aupファイルにプロジェクト全体が含まれることをかなり合理的に期待していました。新しい.aup3ファイルにもデータが含まれています。技術的な詳細は、オープンソースデータベースSQLite3を使用して、すべてを1つの.aup3ファイルに保存していることです。それはすべて「舞台裏で」起こります。SQLite3はオープンソースであり、一緒に作業するのは楽しいことです。それにもかかわらず、これは大きな変更であり、同時に行いたい他の多くの変更を含めるのはリスクが高すぎると判断しました。したがって、3.0.0はほぼ完全にこの大きなフォーマットの変更に関するものです。

.aup3プロジェクトでの作業では、作業中のファイルが少ないため、ほとんどのマシンでオーディオの編集が以前より少し速くなるはずです。プロジェクトが閉じられるとやるべきことがたくさんあるので、作業の最後にプロジェクトを終了して閉じるのはかなり遅くなる可能性があります。トレードオフはそれだけの価値があると思います。

重要なことに、古い.aupプロジェクトをAudacity 3.0.0で開くことができ、そこで新しい.aup3形式に変換されることに注意してください。

 

ラベルサウンドとノイズゲート

「ノイズゲート」の効果を改善し、音と無音にラベルを付けることができる新しいアナライザー「ラベルサウンド」を追加する時間がありました。また、他の場所でいくつかの小さな調整を行いました。マクロをインポートおよびエクスポートできるようになりました。ショートカットを指定できる、最後に使用したツールまたは最後に使用したアナライザーを使用するための新しいコマンドがいくつかあります。

 

修正されたバグ

また、長年にわたって蓄積されてきた160を超えるバグ修正しました。これは非常に驚異的な量の作業です。これらのバグの大部分は小さな問題であり、簡単に回避できました。しかし、いくつかは本当にジューシーで優先度の高いバグであり、影響を受ける人々にとって非常に重要でした。これらのバグが修正されたことを本当にうれしく思います。

Audacity 3.0.0を組み合わせて楽しんだのと同じくらい、楽しんでいただければ幸いです。

 

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

■サンプルパック関連の記事はこちらから

■シンセサイザーに関する記事はこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

【DTM】音楽制作の中心となる重要な存在!!無料で使える強力なDAWを紹介

DTMにおいてフリーソフトだけでハイクオリティな音楽は作れるのか

当ブログが無料ソフト情報をメインで扱う理由について

音楽素材販売サービス「オーディオストック」はDTMerのストックビジネスとしてどうなの?

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

【作曲】いつまでたっても曲が作れないという人に少しだけアドバイス的なものを

  • この記事を書いた人
Avatar photo

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-, , ,

Copyright© AZU Soundworks , 2022 All Rights Reserved.