おすすめ記事 その他音楽・制作のこと

無料で手に入る「Sean Pandy Drums」と「Cymbalistic」を組み合わせてクールなメタルドラムトラックを制作

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

今回は簡単なリズムトラック制作について書かせて頂きます。

無償で配布されているChokehold.netのドラム音源「Sean Pandy Drums」は非常にクオリティの高い音源で、特にスネアはパワーがありヌケが良いのですが、キック、スネア、タム以外の音色が入っていません。

そこでAlan Vistaから無償配布されているシンバル専用音源の「Cymbalistic」と組み合わせれば、お互いに無いものを補い合えるだけではなく、非常にクオリティの高いリズムトラックの制作が可能になります。

動画は私が制作させて頂いたものですが、なかなかパワーがあっていい感じに仕上がったなと思います。

有料のドラム音源ももちろん素晴らしいもの揃いですが、アイデア次第でお金をかけなくても良いサウンドやトラックは作れるんだなと言うことを再認識したので記事にしてみました。

ロックやメタル系の曲を作っている人は是非ともこの組み合わせを試してみてください。

「Sean Pandy Drums」と「Cymbalistic」の入手は以下のリンクから。

「Sean Pandy Drums」はコチラ

「Cymbalistic」はコチラ

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-おすすめ記事, その他音楽・制作のこと
-

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.