DTMソフトウェア

【無料】1980年代のアナログシンセをエミュレートした「Ragnarök」が無償配布中

Full Bucket Musicが「Ragnarök」をリリースしています。

1980年台のアナログシンセをエミュレートしたものとのことです。

Full Bucket Musicといえば個人的には日本のアナログシンセのエミュレートというイメージがありますが、今回のものは何をメインにしたものかは不勉強な私には分かりませんでした。

主な仕様は64ポリ、3+1帯域制限オシレータバンク、2つのエンベロープ、アルペジエーター搭載となっています。

Windows、Mac対応、VST、AUをサポートしています。

ここから以下はリンク先の直訳となります

Ragnarökは、Microsoft Windows(VST)とApple macOS(VST / AU)向けのソフトウェア機器で、1980年のカスタムアナログのシンセサイザーをシミュレートします。ネイティブC ++コードで記述され、高性能と低CPU消費を実現します。 。

Ragnarökは、Hans Peter別名CrimsonWarlock別名TechnoGremlin (シンセコンセプト、GUIデザイン、ユーザーマニュアル、パッチプログラミング) の共同作業です。 そしてビョルン別名フルバケット(DSP + GUI +パッチプログラミング)。このプロジェクトの背景の詳細​​については、ユーザーマニュアル とそれぞれのKVRスレッドをご覧ください

ラグナロク の主な機能は次のとおりです。

  • ポルタメントを含む最大64ボイスのポリフォニー
  • 独自の3 + 1帯域制限オシレーターバンク-ボイスごとに最大4つのオシレーター
  • 追加のホワイトノイズジェネレーター
  • 多極ゼロ遅延フィードバックフィルター(6–12–18–24 dB / Octローパスまたはハイパス)
  • 指数勾配を持つ2つのエンベロープ(ADSRまたはAD)
  • 低周波発振器
  • 内蔵のオーバードライブエフェクトと7バンドグラフィックイコライザー
  • クールなリピート/疑似アルペジエーター機能
  • 倍精度オーディオ処理
  • すべてのパラメーターはMIDIコントローラーで制御可能
  • 交換可能なグラフィック(個別スキニング用)
  • プラグインはWindowsおよびmacOS(32ビットおよび64ビット)をサポートします

ハンスピーターのトラック Midsummernight Love Affairでは、 ラグナロクが唯一のオーディオソースです(さらに、ディレイ、リバーブ、わずかなコンプレッション)。

 

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

■シンセサイザーに関する記事はこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で音楽制作システムを構築してみよう。

【マスタリング】「うわっ…私の音圧、低すぎ…?」とならないためにDTMで音圧アップをする方法

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.