DTMソフトウェア

【無料】1980年代の名機「Kawai K1」を忠実にエミュレートしたソフトシンセ「K1v」が無償配布中

Nilsがソフトシンセ「K1v」をリリースしています。

1988年に発売されたKAWAIのシンセサイザー「Kawai K1」をエミュレートしたソフトシンセとなっています。

Windows対応、VST2をサポートしています。

ここから以下はリンク先の直訳となります

  • すべてのパラメーターの非常に正確なエミュレーション
  • 検索機能を備えた768のプリセット、オリジナルのファクトリーバンク+すべてのROMカードが含まれています
  • 完全な編集サポート
  • 元のデバイスとの間でSysExプリセットとバンクをインポートおよびエクスポートできます
  • SysExを介してパラメーターの変更を送信および受信して、ハードウェアのエディターとして機能するか、外部エディターで編集します
  • サイズ変更可能なユーザーインターフェイス
  • 完全自動化サポート
  • 768のプリセットはすべて編集可能で、プロジェクトの一部として保存されます
  • VST2プラグインとしてWindowsで利用可能、32ビットおよび64ビット

さらに、プラグインは本格的なMIDI実装を備えています。

  • 実行中にプリセットを更新および編集できる元のハードウェアのようなSysExメッセージを理解し、次のSysEx要求への応答も送信します:1つのブロックデータ要求、すべてのブロックデータ要求およびデバイスID要求
  • バンクセレクトを含むプログラムの変更がサポートされています。
  • ペダル、ボリューム、パン、ベロシティ、アフタータッチ、モジュレーションホイール、ピッチベンドをホールド

シンセサイザーエンジン

  • 8ビット合成エンジン
  • 音声ごとに4つのソース
    • 256の波形、128の高調波と52のPCM波形を含む204の追加波形
    • DADSRエンベロープ
    • 8つの速度曲線
    • 粗調整と微調整、調整可能なキートラッキング、多数の変調オプション
  • ソース1&2と3&4の間のAM(リング変調)
  • 自動曲げ
  • 5つの主要なスケーリング曲線
  • 三角形、正方形、のこぎり、ランダム形状をサポートする1​​つのLFO
  • リアルタイム制御用のジョイスティック

プラグインのダウンロードは無料です!しかし、このプラグインが便利だと思ったら寄付してください

 

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

■シンセサイザーに関する記事はこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

【DTM】ピアノは楽曲制作には欠かせない中心的存在。ハイクオリティなのはもちろん無料でも入手可能なピアノ音源を9個厳選してみました

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.