おすすめ記事 DTMソフトウェア特集

【DTM】ピアノは楽曲制作には欠かせない存在。無料で入手可能なピアノ音源8選 

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

DTMだけではなく音楽制作に必要な楽器で一番最初に思い浮かべる楽器と言えばピアノではないでしょうか。

楽曲制作のツールにおいて黄金時代である現在は、ピアノのフリー音源をネット上を検索するとかなりの数になるのですが、その中からクオリティの高いものを見つけるというのもなかなかに骨が折れてしまいます。

ここではその音源の大海の中からある程度厳選したものを紹介させていただきます。

Piano One

ヤマハのコンサートグランドピアノ、C7をモデリングした音源です。

無料で使えるのはC7の音色のみですが、前バージョン以上にクオリティの高いサウンドに仕上がっています。

基本的にはタイトなサウンドですが、音作りの幅も広く、様々なジャンルに使えること間違いなしです。

その他のモデリングに関しては課金制となっています。

詳しくはコチラ

 

Keyzone Classic

現時点で最高峰とも言えるピアノ音源ではないかと思います。

Steinway、Yamaha、Rhodesなどのサウンドをフリーとは到底思えないレベルでエミュレートしています。

外部エフェクトを頼らずに単独でこのレベルの音を作れるのは本当にすごいです。

最優先で入手しておくべき音源と言えるでしょう。

詳しくはコチラ

 

Upright Piano

アップライトピアノの音源ですが、これもかなりのクオリティです。

ピアノ自体のサンプリングクオリティが高いので、リバーブを上手く調整すると、グランドピアノばりの響きを出してくれます。

また、その他内蔵のエフェクトを使うことで、エレピやオルガン的なサウンドメイクも可能です。

詳しくはコチラ

 

Soft Piano

ハンマーとピアノ弦の間にフェルトを置くことによって独特のソフトな音色になった音源です。

速いアタックが必要な楽曲にはあまり向いていないので、オーソドックスなピアノ音源と比べると用途が限定されるとは思いますが、温かみのあるムーディな楽曲を作る際には大きな戦力となりそうです。

詳しくはコチラ

 

Sweetcase Vintage Electric Piano

サンプリングベースで音色は1つのみですが、フリーのエレクトリックピアノの最高峰と言える音源です。

ステレオ感も良い感じで、明るくスイートなサウンドはお洒落なポップスやジャズ、メロウなバラードに最適です。

詳しくはコチラ

 

D Piano-A

1.3MBと非常に軽量、CPU負荷もほとんどかからない軽いピアノ音源です。

スペックに自信のないPCでも割としっかり頑張ってくれます。

その軽さゆえ、リアルさは他の音源に遅れを取りますが、サウンド自体のクオリティはなかなか悪くないので、ジャンルによってはメインで使える事もあるかと思います。

詳しくはコチラ

 

D Piano-E

こちらも1.4MBと非常に軽量。

リアルさについては何とも言えませんが、音色自体は80年代のシンセサウンドを思わせてくれるので、個人的には気に入ってたりします。

音の存在感もそれなりにあるので、ポップスのバックトラックには良さそうです。

詳しくはコチラ

 

4Front Piano

アップライトピアノをエミュレートしたものですが、サンプルのみではなく合成音源とミックスされたものとなっています。

クリアで響きの良いサウンドが特徴ですが、パラメーターなどは一切ありませんので、音色は1つだけです。

少しのリバーブとディレイを掛けてあげると中々に良い感じの音が出ます。

古いソフトではありますが、64ビットにも対応しているので現在も問題なく使えます。

詳しくはコチラ

 

終わりに

クオリティの高い、スタンダードなサウンドの出せるものを8個選んでみました。

個人的には「Keyzone Classic」、「Piano One」、「Sweetcase Vintage Electric Piano」あたりを選べば間違いはないかと思います。

楽曲制作に置いて必要不可欠なピアノですが、フリーで手に入る音源のクオリティがここ数年で大幅にアップしました。

もちろん有償のピアノ音源は安価でもこれ以上に凄まじいものが多いのも事実ですが、まずはフリー音源で、その後さらに楽曲のクオリティを上げたいという欲が出た時に「Ivory」などの有名なソフトに手を出してみてはいかがでしょうか。

【DTM】音楽制作の中心となる重要な存在!!無料で使える強力なDAWを紹介

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 当サイトではこれまで数多くのフリープラグインを紹介して来ていますが、現在の音楽制作において最も重要な存在はDAW(デジタルオーディオワークステーショ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-おすすめ記事, DTMソフトウェア特集
-

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.