You Tubeチャンネル運営してます

自身の制作した楽曲、作例、趣味の動画などを公開しています。

今後の励みになりますので、是非ともチャンネル登録よろしくお願いします。

■サンプル音源、作例などはこちら

■Vlogなどはこちら

 

オーディオストックにて音楽素材を販売中です!!

映像作品、ゲーム、アプリ向けのBGMやボーカル曲素材を「オーディオストック」にてダウンロード販売中です。

ボーカル曲・BGM・ループなど、幅広く取り扱っています。

■ご試聴、ご購入はこちらから

 

ガジェット・オーディオ製品レビュー記事

製品を提供いただくことで、当ブログ内にてレビュー記事を作成させていただいております。

詳細は以下のリンクからご確認ください。

■当ブログ内においてのガジェット・オーディオ製品レビュー記事執筆依頼について

 

ご支援について

アマゾンのウイッシュリストを中心に広くご支援を募っております。

ご無理のない範囲でよろしくお願い致します。

■ご支援についての詳細はこちらからどうぞ

DTMソフトウェア

【無料】SFサウンドトラックに触発されて制作されたパッド・テクスチャー音源「Textural Pads」が無償配布中

2020年10月1日

Spitfire Audioがパッド・テクスチャー音源「Textural Pads」をリリースしています。

この音源はSpitfire Audioのプラグイン「LABS(無料)」の専用ライブラリとなっており、Windows、Mac対応、VST、VST3、AAX、AUをサポートしています。

以下はリンク先の直訳となります

SpitfireAudioの開発者であるMarkSummerellは、封鎖されたSFサウンドトラックに触発されて、自宅のスタジオで擦弦楽器、スクラッチベースギター、カリンバ、チェロ、ボーカルなどの楽器をサンプリングしました。

これらのサウンドを開発者のHarnekMudharのシンセサイザーと組み合わせて、彼は特注のきめ細かいエフェクトを使用して、レコーディングを別世界のテクスチャに変換しました。

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

■シンセサイザーに関する記事はこちらから

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

「作詞」って作曲や編曲と比べると簡単なの?

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2022 All Rights Reserved.

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。
ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、https://azu-soundworks.net/をホワイトリストに追加し、「更新」をクリックして下さい。

Powered By
CHP Adblock Detector Plugin | Codehelppro