DTMソフトウェア

【無料】ヒップホップのトラックや作曲のスケッチに。CPU負荷の少ないローファイなピアノ音源「Room Pianov3」が無償配布中

SampleScienceがピアノ音源「Room Pianov3」をリリースしています。

ここ最近のリアルなピアノ音源とは違い、CPUへの負荷をかけない様にサンプリング数はかなり少なくなっています。

なので、ピアノがメインとならないトラックやローファイなヒップホップ、作曲の際のスケッチ用として使うのがベターであると思われます。

Windows対応、VSTをサポートしています。

以下はリンク先の直訳となります

Room Pianoは、トラックにローファイタッチを追加したいミュージシャン向けのライトピアノプラグインです。リビングルームのピアノは、CPUに優しい状態を保つために、3半音ごとに2つのベロシティでサンプリングされています。プラグインは、直立したアコースティックピアノの24ビットステレオ録音に基づいています。

特徴:

  • 軽量ピアノ音1音(60 MB)
  • 振幅ADSR
  • マルチLFO
  • ハイパス/ローパスフィルター
  • ルームリバーブ
  • Windows 8.1 / 10用の64ビットVSTプラグインインストゥルメント

要件:

  • Windows 8.1 / 10
  • 59.4MBのHDスペース
  • 4GB以上のRAMを搭載したクアッドコアCPU以上
  • 64ビットVSTホスト

 

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

【DTM】ピアノは楽曲制作には欠かせない中心的存在。ハイクオリティなのはもちろん無料でも入手可能なピアノ音源を9個厳選してみました

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

【作曲】いつまでたっても曲が作れないという人に少しだけアドバイス的なものを

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.