DTMソフトウェア

【無料】アナログとデジタル2種類の分析モードを備えたスペクトラムアナライザプラグイン「HoRNetFreqs」が無償配布中

HoRNetがスペクトラムアナライザプラグイン「HoRNetFreqs」をリリースしています。

Windows、Mac対応、VST、VST3、AAXをサポートしています。

以下はリンク先の直訳となります

HoRNet Freqsは、オーディオスペクトルの2つの異なる種類の視覚化を提供するスペクトラムアナライザーです。最初のスペクトラムアナライザーは「アナログ」と呼ばれ、今日でも多くのレコーディングスタジオのマスターに見られるアナログハードウェアスペクトラムアナライザーに着想を得ています。2つ目は「デジタル」と呼ばれ、FFT(オーディオファイルをそのスペクトルコンポーネントに変換するための標準的な数学)に基づく典型的なスペクトラムアナライザーを独自に取り入れたものです。

Freqs GUIは完全にサイズ変更可能であり、ハードウェアアクセラレーションによる描画のおかげで、すべてのディスプレイで鮮明でスムーズです。

プラグインは、スペクトラムアナライザによって示されるレベルに対して異なる積分時間と範囲を提供します。また、元のハードウェアユニットでは利用できなかったピークホールド機能も提供します。Freqsは、ステレオ信号の「中間」(または合計)部分と「側」(または差)の両方を表示して、問題のある周波数を分離するのに役立ちます。

 

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

【無料】往年の名機をエミュレートした無料で使えるソフトシンセまとめ

DTMにおいてフリーソフトだけでハイクオリティな音楽は作れるのか

当ブログが無料ソフト情報をメインで扱う理由について

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.