ミュージックライフハック 楽器・機材

シンプル・スマートなデザインのスピーカースタンド「Stageek アルミデスクトップスピーカースタンド」を購入しました。

2021年3月20日

今回は「Stageek アルミデスクトップスピーカースタンド」についてです。

購入したのは1月ほど前で、もう一つのブログにはすでにレビュー記事をアップしているのですが、こちらのブログにも手短に書かせて頂こうかなと。

8ヶ月ほど前に引っ越してからDTMデスク周りの環境も変わり、自作デスクから既製品のデスクに変えたことで問題が発生。

 

自作デスクの頃はモニター台と兼用でスピーカーの底上げもされていたので、完全とは言わないまでも耳との高さについてはとりわけ問題なかったのですが、こちらでは完全に直置き状態となってしまいました。

時間とかお金に余裕ができたらちゃんとしようと思いつつも、しばらくはヘッドホンもあるし大丈夫という考えに至り、ここまで先延ばしにされてきました。

ただ、突発性難聴になったことがある身としては長時間の作業はやはりスピーカーメインでやる方が耳には優しいと思ったのと、タイミングよくベストなものが見つかったので購入したという感じです。

スピーカースタンドの詳細

ボディはアルミニウム製でサイズは幅13センチ、奥行きはスピーカーを置く上部は16センチ、台座となる下部は19センチとデスクトップ配置のスタンドとしてはかなりコンパクトです。

本体重量は465g、耐荷重は7kgとのことなので、見た目よりはガッチリとした感じです。

 

横から見たらこんな感じ。上向きに5°の角度が付けられていて、一般的なデスクに置いたら良い感じでスピーカーからのサウンドが耳に届くようになっています。

高さは先端部で12センチ、末端部で10.5センチです。

 

底面には効果の程は不明ですが、防振用のパッドが貼られています。

また、予備のパッドも付属しているので劣化した頃に張り替えることも可能です。

 

末端には中央から幅3.8センチ、高さ2センチほどのストッパーが付いており、ここがスピーカーの配線などと干渉してしまう恐れがある場合は購入を控えた方が良いと思います。

私のスピーカーは大丈夫だったのですが、購入予定の人は自身のスピーカーの背面を確認しておいて下さい。

 

セッティング完了・音も改善されました

セッティング後はこんな感じ。直置きよりも見た目が良くなっただけではなく、音に関してもしっかり改善されました。

直置きの低域モコモコ現象や、耳との高さが合わないことでの高域の抜けてこない気持ち悪さが無くなり、DTMだけではなく音楽を聴く際もストレスが減ったように思います。

これで深夜以外はヘッドホンを使わずに済みそうです。

 

終わりに

今回のスピーカースタンド選びで一番困ったのは「価格」ではなく「サイズ」でした。

幅120センチのデスク上に置けるものと考えると、あまり大きいものは置けないですし、今回のもの以外だと卓上用であっても結構なスペースを占有してしまうものばかりだったので悩みに悩みました。

お金をかけないようにするのであれば、ホームセンターで木材やレンガ、メジャーなものだとコンクリートブロックを使う方法もあります。

私はデスク上がスッキリしている方が好きなので既製品を選びましたが、ホームセンターが近場にある羨ましい環境の人は是非ともお試し下さい。

もう一つのブログでは、ここで書かれていない内容もあるので、そちらの方も良かったら見て頂ければ幸いです。

【DTM】‎USB Type-C対応のオーディオインターフェイス「PreSonusStudio 24c」を購入しました。

PCで音作りが可能な手のひらサイズのギター・ベース用オーディオインターフェイス「ZOOM GCE-3」を購入しました。

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-ミュージックライフハック, 楽器・機材
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.