DTMソフトウェア

【無料】ステレオ信号をミッド/サイドにエンコード、デコード可能な高性能プラグイン「MSLR」が無償配布中

HASound Postからプラグインソフトウェア「MSLR」がリリースされています。

機能としてはステレオ信号(左/右)をミッド/サイドにエンコードし、ミッド/サイド信号を左/右ステレオにデコードすることができるというものです。

LRをMSに、その逆も可能という何とも便利なプラグインがフリーで提供されるという心の広さが素晴らしいですね。

これがあればMS処理によるマスタリングが可能になるので、ガツンとパワーのある2MIXを作ることはもちろん、メインとサイドのバランスをしっかりと合わせる際にも大きな戦力となるでしょう。

Windows対応、VST、VST3をサポートしています。

ここから以下はリンク先の直訳となります。

MSLRとは何ですか?
MSLRプラグインは、MSオーディオプロセッサです。次の3つのモードで機能します。

  • エンコーダー(LR入力信号をMS出力信号に変換)
  • デコーダー(MS入力信号をLR出力信号に変換)
  • インライン(入力LR信号をMS信号に変換する必要なしに、ステレオ信号のMidおよびSideコンポーネントに影響を与えることができます)

MSLRはどのように使用されますか?
MSLRオーディオプロセッサには、MSエンコーダーとデコーダー、および3つのオーディオミキサーが含まれています。大きな白いノブでモードを変更すると、これらのコンポーネントは異なる方法で相互接続されます。

■ダウンロードはこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で音楽制作システムを構築してみよう。

【マスタリング】「うわっ…私の音圧、低すぎ…?」とならないためにDTMで音圧アップをする方法

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.