DTMソフトウェア

【無料】Kontakt Playerでも使用可能なオーケストラライブラリ「The Free Orchestra」が無償配布中

ProjectSAMがオーケストラ音源「The Free Orchestra」をリリースしています。

「The Free Orchestra」はKontakt音源なのですが、フルモードのKontaktだけではなく、無料で配布されているKontakt Playerでも使用が可能なスグレモノとなっています。

容量は1GBですが、シネマティックであったり、ポップスなどのバックであれば十分以上に戦力になりそうです。

以下はリンク先の直訳となります。

ProjectSAMの絶賛されているライブラリから直接取得した1ギガバイトの無料の映画サウンド。オーケストラストリングスタッカートやブラスクラスターからシンフォニックパーカッション、ディストピアサウンドデザインまで。新しいプリセットとKontakt Playerの互換性が追加されました。

COVID-19連帯対応基金

これらの無料のサウンドに対する感謝を表明したい場合は、世界保健機関のためのCOVID-19連帯対応基金への寄付を検討してください。

ProjectSAMカタログから直接入手した無料の機器

Free Orchestraは、ProjectSAMの絶賛されているライブラリから直接取られた、ギガバイトの無料の映画のようなサウンドを提供します。

新しいプリセットとマルチ

この新しくリリースされたThe Free Orchestraの化身には、2019年を通して最初にリリースした12のプリセットすべてと、Symphobia 4:PandoraとSymphobia 3:Luminaのコンテンツを含む2つの新しいプリセットが含まれています。フリーオーケストラは現在、いくつかのマルチも提供しており、個々のプリセットをさまざまな刺激的な方法でレイヤー化しています。

つまり、オリジナルの12がすでにある場合は、この無料のオーケストラのこの新しいリリースを必ず入手してください!

無料のKontakt Playerで動作するようになりました

何よりも:Free OrchestraにはKontakt Playerライセンスが付属しています!つまり、無料のオーケストラは、コンピューターを持っているすべてのミュージシャンが制限なく、意図した形で使用できるようになりました。

これはまた、Free OrchestraがKontaktとKompleteのライブラリブラウザーに専用の場所を持っていることを意味します。

Free OrchestraにはKontakt Player 6.2以降が必要です

■ダウンロードはこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で音楽制作システムを構築してみよう。

【DTM】どんなDAWで曲を作ってますか?有名どころも数多くある中で、敢えて「ACID」をオススメしてみる

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.