DTMソフトウェア

【無料】2つのノブと4つのスイッチでハイクオリティな処理が可能 コンプレッサープラグイン「DC1A」が無償配布中

Klanghelmがコンプレッサープラグイン「DC1A」をリリースしています。

2つのノブと4つのフィルタースイッチで構成されたシンプルな、それでいて重厚感のあるUIでまとめられています。

見た目よりも多機能なので、ボーカルやドラムなどの素材を選ばすに、メインのコンプとして、特にDEEP+RELAXEDは低域のポンピングを低減してくれるので、重低音が出すぎたオーディオ素材の処理において力を発揮してくれそうです。

Windows、Mac対応、VST、VST3、AU、AAXをサポートしています。

ここから以下はリンク先の直訳となります。

DC1Aは、圧縮モンスターDC8Cの弟です。私はDC8Cから私のお気に入りの設定のいくつかを取得し、それを2つの制御コンテキストで動作させるようにしました。サウンドに関しては、DC8CのPUNCHモードに匹敵しますが、負の比率やステレオのリンク解除など、いくつかの追加機能を提供します。私は常に、入力ノブと出力ノブだけでコンプレッサーを動作させたいと思っていました。ほとんど見えない滑らかなレベリングから、ドラムを扱うのに十分なパンチの効いたパンチの効いた重いポンピングまで、穏やかで忠実です。
DC1Aはワントリックポニーのように見えます。しかし、追加のコントロールがないことにだまされてはいけません。この小さな物がいくつの異なる材料で機能するのか驚くかもしれません。DC1Aにはいくつかのトリックがあります:負の(オーバー)圧縮、パラレル(ニューヨークスタイル)圧縮、左右のチャネルを個別に圧縮するオプション(DUAL MONOスイッチを使用)、ピークおよびRMS圧縮(RELAXEDスイッチをオン)、DEEPハイパスフィルターをアクティブにして、低音のヘビーマテリアルのポンピングを低減します

DC1Aは無料です!ぜひお試しください。

■ダウンロードはこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で音楽制作システムを構築してみよう。

【マスタリング】「うわっ…私の音圧、低すぎ…?」とならないためにDTMで音圧アップをする方法

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.