AZU Soundworksを応援する

DTMソフトウェア情報についてのご案内と免責事項などはこちらに記載しています。

音楽素材のご利用規約についてはこちらから。

まずはご一読ください。

DTMソフトウェア

【無料】ユニークなサウンドのエレピ音源 OSC Audio「Thru-Zero E-Piano」が無償配布中

2023年3月13日




OSC Audioがエレピ音源「Thru-Zero E-Piano」をリリースしています。

この音源は無料で入手可能な「Decent Sampler」で利用可能となっています。

その他のDecent Sampler対応ライブラリ一覧はこちらから

【特集】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめDTM作曲ソフトで音楽制作システムを構築してみよう

皆様お疲れ様です。AZU Soundworks管理人のAZU(@AZU0000)です。 人類総クリエーターの時代に突入し、一昔前は何かとお金がかかるDTM(デスクトップミュージック)も相当に低コスト化 ...

続きを見る

以下はリンク先の直訳となります

Thru-Zero E-Piano は、アナログ オシレーター サンプルのコレクションであり、モーフィングと微調整を行って、すべてのミックスで輝くユニークなサウンドの E-Piano を実現します。

E-Piano は 1920 年代から存在しており、そのサウンドは誰もが知っていますが、E-Piano とは一体何なのでしょうか?

いろいろありますが、有名なRhodesスタイルのE-Pianoのスタイルにこだわると、アタックベルのような音のために打たれたタイン(または音叉)のコレクションであり、持続音のためのトーンバーと組み合わされています. .

Tine を再現するために、ベルのような完璧なサウンドを実現するために周波数変調を使用しましたが、多くの人が知っているように、アナログ オシレーターと FM はうまく追従しません。解決策は、スルー ゼロ FM を行う私の SSF ゼロ ポイント オシレーターを使用することでした。これにより、ピッチがドリフトすることなく、FM に夢中になることができました。Tonebar のサウンドには、強力なアナログ VCO

を使用し、フィルター ダウンしました。これらはすべて、温かみのあるアナログ サチュレーションを介してルーティングされ、もう少し暖かさと倍音の興奮が得られます。無限のサステインのためにループされた 88 個のキー サンプルの完全なシリーズを備えています

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

【特集】楽曲制作には欠かせない楽器の王様。ハイクオリティで無料のピアノ音源まとめ

【特集】ボーカルエディットには必須!?無料で手に入るピッチ補正プラグインまとめ

【特集】無料で手に入る優秀なマルチバンドコンプレッサープラグインまとめ

【特集】無料で手に入る優秀なコンプレッサープラグインまとめ

「OFUSE」からの投げ銭をお受けしております。

100円からご支援いただけます。よろしくお願い致します。

AZU Soundworksを応援する

■その他ご支援についてはこちらから

  • この記事を書いた人
アバター画像

AZU

ブロガー・DTMer。シンプルなモノ・コトが好き。ここでは無料のDTMソフトウェアをメインとした情報、自身で制作した音楽素材の提供などを行っています。

-DTMソフトウェア
-, ,

Copyright© AZU Soundworks , 2023 All Rights Reserved.