DTMソフトウェア

【無料】最強フリーDAWの一角「Tracktion T7」の後継として、さらなる進化を遂げた「Waveform Free」が無償配布中

Tracktion Corporationから主力の「Waveform Pro 11(価格69ドル)」をベースにした無料DAW「Waveform Free」がリリースされました。

フリーのDAWとして、「cakewalk by BandLab」と人気を二分していた「Tracktion T7」の後を継ぐ形となっており、フリーでありながらも変わらず機能性に優れたものとなっています。

まず、一番重要なことですが、「Waveform Free」でも変わらずサードパーティ製のVSTプラグインを無制限で使用することが可能です。

音源もエフェクトもPCのスペックが許す限り使いたいだけ使えます。

付属のプラグイン

ネイティブプラグインとしてはエフェクトのセットと2つの音源「4OSC(シンセサイザー)」「MICRO DRUM SAMPLER」が付属しています。

 

4OSC

 

MICRO DRUM SAMPLER

 

Plugin Sandbox

また、サードパーティのプラグインはサンドボックスで実行され、プラグインが不安定になった際のクラッシュを防いでくれます。プラグインが何らかの問題で動作しない場合は、プロジェクトからプラグインを削除して作業が出来るようになっています。

 

トラック数も無制限なので、こちらもPCのスペックが許す限りトラック数を増やすことが出来ます。

試用のDAWやフリー版の殆どはトラック制限があるので、色々と考えながら使う必要があるのですが、「Waveform Free」ではそんな心配は不要です。

「Tracktion T7」の配布が終わり、「Waveform Free」のリリースでどうなることかと思いましたが、機能制限も無く、より一層のブラッシュアップがなされていたので安心しました。

今後も変わらず「cakewalk by BandLab」とシェアを分かつ存在であり続けると思います。

Windows、macOS、Linux対応、入手は無料ですが、アカウント登録が必要となります。

 

■ダウンロードはこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

【無料】往年の名機をエミュレートした無料で使えるソフトシンセまとめ

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

【作曲】いつまでたっても曲が作れないという人に少しだけアドバイス的なものを

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-, ,

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.