DTMソフトウェア

【無料】ハードウェアサンプラーの名機「Akai MPC2000XL」をエミュレートした「vMPC2000XL」が無償配布中

オリジナルはハードウェアサンプラーの名機「Akai MPC2000XL」で、非公式なオープンソースエミュレーションとなっています。

忠実に再現はされていますが、実機の信号回路などを経由していないので、音自体への味付け的なものはありませんが、操作感やワークフローはそのままという感じでした。

Windows、macOS、Linux対応、VST、VST3、AUをサポートしています。

ここから以下はリンク先の直訳となります。

  • OSX、WindowsおよびLinuxのサポート
  • スタンドアロンアプリケーションおよびVST2 / VST3 / AUプラグインとして利用可能
  • ほとんどのMPC2000XLファイル形式をロード/保存:APS、ALL、PGM、SND、MID、WAV
  • すべての画面と機能は、元のように100%になるようにしています
  • マルチトラックのディスクへの直接録音、別名。「バウンス」、オフラインレンダリングオプションを使用してWAVに
  • 基本的なMIDIイン/アウト

vMPC2000XLは

  • 信号経路、アナログ入力/出力を模倣するので、サンプルが「温かい」または「汚れた」音になりません。
  • ビートの作成、サウンドの管理などを簡単にします。実際、これらはすべて非常に扱いにくいですが、実際の2000XLと非常によく似ています。
  • 100%は音声ごとのデジタルフィルターを模倣します。耳で微調整した近似が含まれているため、2000XLの設定はエミュレータでは同じように聞こえない可能性があります。
  • オプションのEB16 FXボードをエミュレートします。

MPC®およびAkaiProfessional®は、inMusic Brandsの登録商標です。このエミュレータはinMusicとは提携しておらず、MPC®およびAkaiProfessional®の名前の使用は、inMusicによる承認、スポンサー、またはその他の方法で承認されていません。

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

【マスタリング】「うわっ…私の音圧、低すぎ…?」とならないためにDTMで音圧アップをする方法

【DTM】全部タダでOK!!無料で音楽制作システムを構築してみよう。

  • この記事を書いた人
AZU

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-, ,

Copyright© AZU Soundworks , 2020 All Rights Reserved.