DTMソフトウェア

【無料】壮大な海を思わせるようなオーディオテクスチャ音源「Granular Whalesong」が無償配布中

2020年6月9日

Spitfire Audioが「Granular Whalesong」をリリースしています。

毎度ハイクオリティなサウンドライブラリーをリリースしている同ディベロッパーですが、今回はクジラの歌声をイメージしたテクスチャー系音源のようです。

非常に幻想的で、楽曲に厚みを持たせたり、映像においてのワンシーンにコードを鳴らすだけでもかなりの雰囲気を作れそうな感じがします。

この音源はSpitfire Audioのプラグイン「LABS(無料)」の専用ライブラリとなっており、Windows、Mac対応、VST、VST3、AAX、AUをサポートしています。

ここから以下はリンク先の直訳となります。

粒子合成を使用して変換された、クジラの歌の素晴らしい録音。この忘れられないテクスチャのコレクションは、国立劇場と作曲家ジェレックビショフの委託により、ニールガイマンの「海の果ての海」のステージでの適応に向けた息をのむようなスコアの基盤を形成しました。

 

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

■シンセサイザーに関する記事はこちらから

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

「作詞」って作曲や編曲と比べると簡単なの?

【作詞】「日本語+英語(その他外国語)」の歌詞ってどうなの?

【DTM割れ】「割れモノ」や「クラック」などの違法コピーソフトを使って音楽を作ることについて考えてみた

【作曲】いつまでたっても曲が作れないという人に少しだけアドバイス的なものを

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-, ,

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.