You Tubeチャンネル運営してます

自身の制作した楽曲、作例、趣味の動画などを公開しています。

今後の励みになりますので、是非ともチャンネル登録よろしくお願いします。

■サンプル音源、作例などはこちら

■Vlogなどはこちら

 

オーディオストックにて音楽素材を販売中です!!

映像作品、ゲーム、アプリ向けのBGMやボーカル曲素材をオーディオストックにてダウンロード販売中です。

■ご試聴、ご購入はこちらから

クリエイター、購入者向けのお得な招待制度があります。以下の記事から招待コードを取得してお得に始めましょう。

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。 著作権フリーBGM・効果音音楽素材のダウンロード販売でおなじみのオーディオストックですが、このたび「クリエイター招待制度」を開始しました。 分かりや ...

続きを見る

ミュージックライフハック

個人的にだけど、100均のイヤホンは買っても幸せにならないような気がします

【この記事はSymphonical Rainにて2019年6月8日に書かれたものを加筆、修正して転載しています】

皆様お疲れ様です。AZU(@AZU0000)です。

100均ショップに行くと結構な種類のイヤホンが並んでいます。

それは「ある程度売れているからそれなりの売り場を割いている」という事になります。

100均のイヤホンについては様々なブログやメディアで取り上げられていますが、今回は「100均のイヤホン良いよ~」的なものではなく、「100均のイヤホンは止めといた方が良いよ~」という内容となっています。

100均イヤホン愛好家の方は申し訳ありませんが、そっ閉じでお願い致します。

「100円にしてはちゃんと使える」程度のクオリティ

私のもう一つのブログでも100均や300均のイヤホンについては「思っていたよりも使える」的な記事は結構あるのですが、これはあくまで「100円~で販売されている商品に対しての評価」であり、決して「純粋に音が良い」という訳ではありません。

100円で販売されているということは、その製造コストは100円よりももちろん低く、2ケタのコストで作れるもののクオリティなんてたかが知れています。

売値100円のイヤホンだから許されるのであって、これが1,000円だったら問題外だし、そのメーカーの信用を大きく下げるレベルのものであるというのが現実です。

200円以上で売られているイヤホンについても同様で、多少コストの上乗せはあるでしょうが、それくらいでは劇的なクオリティの向上は難しいでしょう。

 

音の解像度はどのイヤホンもかなり低い

音の解像度についてはこれまで試してきた100均イヤホン全てに言えることですが、音楽を聴くために使うのであればあまりにも低いものであると言えます。

全体的に曇っているように聴こえるので、当然音の分離も悪く、楽器の音がしっかりと聴き取れません。

とりあえずステレオに聴こえて、ボーカルが何を歌っているのかが分かるレベルです。

音楽以外での用途、動画やラジオを聞く程度であれば最低限の役割は果たしてくれると思います。

「ダイソーの高音質イヤホン(300円)」や「3COINSの高音質イヤホン(500円)」はかなり頑張っているとは思いますが、

音の解像度についてはある程度のコストを掛けないと、どうにもならないという事ですね。

 

普通のイヤホンならイコライザ調整しなくても大丈夫

100均イヤホンについての記事などを検索すると「イコライザ調整で~」という記事を目にしたので試したことはあるのですが、記事として取り上げるレベルでも無かったので書いていません。

解像度が低いイヤホンでどう頑張っても、せいぜい3ケタで売られているハズレ品レベルでした。

そもそもまともなイヤホンであればイコライザ調整なんてしなくてもそれなりの音を出してくれるし、イコライザ調整はあくまでジャンルや曲に合わせて微調整するためのものです。

「イコライザ調整で~」は本気で書いているわけではなくて、「100均のイヤホンでもここまでやったら最低限聴けるレベルになるよ」というものだと思います。

 

3,000円弱のイヤホンを長期間使う方が音もコスパも良い

外で音楽を聴く時、最近ではほとんどの人がスマートフォンだという人が多いのではないでしょうか。

であれば音量調節や通話をする際に便利なリモコンがあった方が使いやすいかと思います。

更に日本国内ではイヤホンジャックの廃止されたiPhoneのシェアが高いので、有線だけではなくBluetoothイヤホンという選択肢もあります。

私は「Anker Soundcore Life P2」という完全ワイヤレスイヤホンを使用していますが、一ヶ月間、一日160円のペットボトルジュースを1本我慢するだけで手に入ります。

音や耐久性に不安のある100均のイヤホンよりも、月に160円の支出を抑えてある程度の価格帯のものを買う方が、見た目も音も精神的にも幸せになれるのではないでしょうか。

終わりに

なぜ今更こんな記事を書いたのかと言えば、これまで何度か書いてきた100均イヤホン(200円~500円のものも含む)は、買ってから写真を撮って、音を確認して、その所感をブログに書いて、公開したあとに即ゴミ箱行きになるからなんです。

普通の価格帯のイヤホンをいくつか所持しているので、音が悪くて機能的ではないものを置いていても使う機会はまずありません。

100均は非常に便利で私もかなりの頻度で利用します。ですがその中でもきちんと選ばないと1品につき100円の無駄が出てしまいます。

100円と言えどもコンビニでコーヒーが買えますし、ガリガリ君ソーダであればお釣りが来ます。

高価なものではなくても2,000円ほどで十分以上に満足出来るイヤホンは数多くあるので、100均イヤホンの使い心地や音のレビューに関しては私のような人柱に任せて、皆さんは是非ともきちんとしたものを選んでいただければ幸いです。

2,500円で手に入るイヤモニ「KZ ZST」は遮音性、サウンドともになかなかのものでした

  • この記事を書いた人

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-ミュージックライフハック

Copyright© AZU Soundworks , 2021 All Rights Reserved.