DTMソフトウェア

【期間限定無料】ベース本来のサウンドを実現させるFinal Mixのプラグイン「BassBussLite(19ドル相当)」がクーポンコードにより無償配布中

2021年8月30日




ベース本来のサウンドを実現させるFinal Mixのプラグイン「BassBussLite(19ドル相当)」がクーポンコードにより無償配布中となっています。

リンク先の「BassBussLite」をカートに入れてからチェックアウト時にクーポンコード「AUGUST2021」適用で無料となります。是非ともお早めに。

【特集】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめDTM作曲ソフトで音楽制作システムを構築してみよう

皆様お疲れ様です。AZU Soundworks管理人のAZU(@AZU0000)です。 人類総クリエーターの時代に突入し、一昔前は何かとお金がかかるDTM(デスクトップミュージック)も相当に低コスト化 ...

続きを見る

以下はリンク先の直訳となります

最も一般的な3つの「ベース」の質問は次のとおりです。

    「どうすればローエンドを正しく取得できますか?」

    「スペースを取りすぎずに低音を大きく鳴らすにはどうすればよいですか?」

    「どうすればローエンドを正しく取得できますか?」

わかった。その最後の質問は重複していた。しかし、それはそれがどれほど重要かです。

BassBusLiteはシンプルで使いやすいプラグインで、Bassが本来のサウンドを実現するのに役立ちます。

BassBusLiteの内部には、ミックスを圧倒することなく、よりエキサイティングでモダンなベースサウンドを作成する信号プロセッサのチェーンがあります。

BassBusLiteは信じられないほどシンプルで使いやすいです。初めて使用するときから、ベースは明瞭さ、重さ、鮮明さで「ミックスに座り」始めます。

そして、あなたがそれを使うたびに、低音の音と感触は著しく良くなります。

Bassの信号処理がこれまでになく簡単になりました。

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

【作曲】いつまでたっても曲が作れないという人に少しだけアドバイス的なものを

曲を作る事にモチベーションが上がらない時、アイデアが出ない時の気分転換5つ

【DTM】音楽制作においてよく使われる「パラデータ」って何なの?

  • この記事を書いた人
Avatar photo

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2023 All Rights Reserved.