DTMソフトウェア

【期間限定無料】Plugin Allianceがアンプシミュレータープラグイン「AmpegSVT-VRClassic(99ドル相当)」をプロモーションコード適用により2021年2月19日まで無償配布中




Plugin Allianceがアンプシミュレータープラグイン「AmpegSVT-VRClassic(99ドル相当)」をプロモーションコード適用により2021年2月19日まで無償配布中です。

プロモーションコードは「AMPEG-FOR-FREE」で、チェックアウト時にこのコードを使用することにより無料でライセンスを取得できるようになります。

以下はリンク先の直訳となります

DAWでのAmpegのステージベースアンプのサウンドAmpegの
SVTアンプは、Bootsy Collins、Darryl Jones、Michael Bradford、Chris Wyseなど、世の中で最も有名なベースプレーヤーのお気に入りです。SVTシリーズの音色は、底が完全にしなやかで、ミッドレンジで満足のいくうなり声が聞こえ、すべてのベースアンプが判断される基準を設定します。

必需品にまで細分化
新しくリリースされたAmpegSVT-VR“ Classic”プラグインは、フルバージョンと同じ本物のトーンを生成しますが、信じられないほどのシンプルさと使いやすさのための必需品のみを備えています。ウルトラハイモードとウルトラローモードの両方を備えた単一の完全なチャンネルが含まれており、気を散らすことなく完璧なベーストーンを得るのに必要なすべてを提供します。

トーンを調整するための強力でシンプルなFXラック
プラグインアライアンスに期待されるように、SVT-VR Classicには、追加のサチュレーション用のパワーソークやゲインステージングを完璧にする入力ゲイン制御などの機能を含むカスタマイズされたFXラックが付属しています。Brainworxの3つの高度なブティックレコーディングチェーンを活用して、ベースサウンドをミックスに完全に適合させます。

ダウンロード

■ダウンロードはこちらから

■サンプルパック関連の記事はこちらから

■シンセサイザーに関する記事はこちらから

【DTM】全部タダでOK!!無料で使えるおすすめソフトで音楽制作システムを構築してみよう。

【ギター】初心者の最初の1本は高いギターを買う方がいい理由をいくつか書いてみる

左利きの人でもギターだけは右利き用を選んだ方が良いですよと言うお話

初心者向けとは言い難い? 「安ギター」についての云々、メリットとデメリットについて簡単に書いてみる

音楽素材販売サービス「オーディオストック」はDTMerのストックビジネスとしてどうなの?

オーディオストックがクリエイター招待制度を始めたので簡単に解説&招待します

DTMで曲を作る際のトラック数は多い方がいいの?少ないとダメなの?

【作曲】いつまでたっても曲が作れないという人に少しだけアドバイス的なものを

  • この記事を書いた人
Avatar photo

AZU

大阪在住のDTMer・ブロガーです。元バンドマンで元ドラマー。現在はPCの前で人生の半分ほどを過ごす生活。好きなものはシンプルなライフスタイルとガジェット、そしてもちろん音楽。更新情報や日々の出来事、考えなどをツイッターで呟いています。

-DTMソフトウェア
-,

Copyright© AZU Soundworks , 2023 All Rights Reserved.